【自然災害にどのように対処するか?】不動産投資の失敗事例

当ブログでは、不動産投資を安全に行なうにはをモットーとしています。

そのためには、不動産投資の失敗例を知っておくことが必要です。

 

不動産投資をしている場合においては、自然災害にも事前に対処しておかなければなりません。

自然災害の種類としては、

  • 水害・床上浸水
  • ボヤ
  • 地震・津波・火災

などが挙げられます。

 

では、どのようにすれば自然災害に対処できるでしょうか。

スポンサードリンク

水害・床上浸水

水害・床上浸水は、大雨の発生時に雨量の増加により、河川の氾濫などにより発生します。

対処方法としては、土のうなどにより防ぐ方法はありますが、限界があります

 

一番の対処法は、河川の近くや低地の物件を購入しないことです。

購入する前に、その土地が河川の近くではないか、低地ではないかを調べておかなければなりません。

 

また、インターネット上には、水害のハザードマップなどの情報が掲載されています。

このハザードマップは、市区町村などが情報を掲載していますのでご確認ください。

 

もっと詳しく調査をする方法は、以下の2点です。

  • 役所に行って、直接確認する
  • 現地の住人の方にヒアリングする

スポンサードリンク

ボヤ

これは自然災害とは違いますが、1階に入居している飲食店などが、ボヤ騒ぎを起こすことがあります。

 

飲食店が入っていると、入居者にとっては大変便利が良いです。

しかし、一歩間違うと大惨事になってしまいます。

 

1階のテナントに飲食店を入れることは、決して悪いことではありませんが、

このようなリスクがあるということを覚えておいてください。

 

対処法は、

できれば飲食店ではなく、会社事務所などにしておけば、このようなボヤ騒ぎを起こす可能性は低くなります。

 

地震・津波・火災

これらの災害は、大規模で一見すると防ぎようがないと思います。

しかし、想定外のリスクであっても出来る限り対処しておかなければなりません

 

地震への対策としては、

  • 埋立地や干潟などの、地盤の軟弱な地域の物件を購入しない
  • 耐震構造や免震構造にする
  • タワー型マンションなど、災害時に避難が困難な物件を購入しない

 

津波への対策としては、

  • 海の近くや低地などの物件を購入しない

 

火災への対策としては、

  • 木造家屋の密集地の物件を購入しない
  • 耐火・準耐火構造の物件を購入する

などが、挙げられます。

 

続きはこちら→【経済変動にどのように対処するか?】不動産投資の失敗事例

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ