【孫・祖父母・甥や姪・養子は?】法定相続人とは?範囲・順位について

【孫・祖父母・甥や姪・養子は?】法定相続人とは?範囲・順位に関する基本と例外

 

ある人が死亡されると、その財産を引き継ぎます。

これを相続といいます。

 

その財産を受け継ぐ人のことを『相続人』といいます。

また、死亡された方のことを『被相続人』といいます。

 

相続人は民法で定められており、この民法で定められた人『法定相続人』といいます。

 

では、この法定相続人となるのは、どのような人でしょうか?

スポンサードリンク

 

では、このような家族があるとします。

法定相続人

 

相続人には、順位があります。

 

まず、『配偶者』は必ず相続人になります

 

配偶者とは、亡くなられた方がご主人であれば、その奥さんのことをいいます。

逆に、亡くなられた方が奥さんであれば、そのご主人のことをいいます。

 

配偶者以外では、以下の者が法定相続人となります。

順位が、『子』

順位が、『父と母』

順位が、『兄弟姉妹』

 

スポンサードリンク

 

『配偶者』と『子』が生存している場合は?

 

この場合は、『配偶者』と『子』が相続人となります。

 

質問です。

『子』が2人いたんだけど、『子』のうちの1人が亡くなっていた場合はどうでしょうか?

この場合、生存している『子』の1人が、相続人となります。

 

質問です。

『配偶者』が亡くなって、『子』が2人の場合はどうでしょうか?

この場合、『子』の2人のみが相続人となります。

 

亡くなられた方より下に位置する人、すなわち『子』や『孫』などのことを、総称して『卑属』と言います。

 

質問です。

『子』は亡くなっていた。しかし、『子』の子供である『孫』がいた場合は?

この場合は、『孫』が相続人となります。

このことを、代襲相続といいます。

 

『子』も『孫』もいない場合は、第2順位の『父と母』が相続人となる

 

質問です。

『配偶者』はいるが、『子』も『孫』もおらず『父と母』が生存している場合は?

この場合、『配偶者』と『父と母』が相続人になります。

 

質問です。

『父と母』が死亡しているが、『祖父母』が生存している場合はどうでしょうか?

この場合、『祖父母』が相続人となります。

 

『子』『孫』『父と母』『祖父母』もいない場合は、第3順位の『兄弟姉妹』が相続人になる

 

質問です。

第3順位の『兄』が相続人になるとします。

しかし、兄も亡くなっている状況ですが、『兄の子供(甥)』がいる場合は相続人になるでしょうか?

この場合、『兄の子供(甥)』は相続人になります

 

『兄の子供』は、代襲相続することになります。

 

『配偶者』『子』『孫』『父母』『祖父母』『兄弟姉妹』『甥・姪』がいない場合は?

 

要するに、法定相続人が誰もいない場合はどうなるでしょうか?

この場合は、国庫に帰属します。

国庫とは、国のことです。

要するに、法定相続人がいない場合は、国の所有になるということです。

 

但し、『特別縁故者』の請求があった場合は、『特別縁故者』が引き継ぐことになります。

特別縁故者とは、

  • 被相続人と生計を同じくしていた方

婚姻はしていないが一緒に生活していた方や、養子関係のある方

  • 被相続人の療養看護に務めた方

看護師や家政婦などの被相続人から業務として報酬を受け取っていた方以外で、被相続人の看護を行なった方

  • その他被相続人と特別の縁故があった方

遺言の有無に関わらず、被相続人から財産をゆずると言われた方や、他人でも親子のような関係のある方

 

但し、上記に記載の方は、自分に権利があることを申立てしないといけません。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ